大好きなアンティーク着物と八丈島・・・                               


by incoco
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

津軽三味線の話


古い友人が突然電話をしてきた。 その話の中で、最近出かけたライブの中で心惹かれたのが津軽三味線の「木乃下真市」だという。
津軽三味線か・・・なつかしーなぁ。

私が民俗舞踊劇団にいたころ、津軽の踊りと津軽三味線を演目にのせた事があった。
その頃はまだ高橋竹山が生きていたから私のルーツはそこだったと思う。
・・・と言ってもたいして弾けたわけではない。


短い間ではあったが、私が師事したのは沢田勝秋氏。
「筋がいいから劇団辞めて三味線やらないか」と言われたっけなー。
リップサービス?本気だったとしたら ウォッホー! 過去の栄光というものはどんな些細な事でもうれしいものである。


でもいいですねー、太棹の音って。
ピシャッピシャッと皮を打ち付ける撥の強い音と、糸をすくい上げる柔らかなやさしい音のコンビネーションに心はわしづかみ状態です。


その友人が三味線か笛を習いたいと思っているというので、すかさず津軽三味線と言った・・・
笛は初心者でもピーという音色はすぐ出せるけど、ピューという音艶のある音はなかなか出せない・・・
[PR]
by incoco | 2005-03-01 00:19 | 音楽