大好きなアンティーク着物と八丈島・・・                               


by incoco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

薪ストーブ点火

b0070879_21541229.jpg昨日、夏の間ただのインテリアになっていた薪ストーブに火を入れました。
うれし~い。こうして書いていてもニマニマ。
本当は、前面がガラスになっていて、炎がみえたら最高なんですが、友人が使っていたものをハウスウォーミングにいただいたものだから文句など言ったらばちがあたる。




火がすきなんですよねーって・・・決して危ない性格とちがいますから!
山などの仕事をしている方から毎年木をいただき、私はそれを薪ノコでゴシゴシと適度な大きさに切るのです。それが足りなくなると山に倒れている木を拾いに行ったり。
まるでサバイバルですねー。

家中を暖めるのは無理ですが、柔らかな暖かさがなんとも言えませんねー。

2匹いる猫たちは、
ちょっと遠巻きにまるで憧れの人のそばにいるような雰囲気でストーブを囲んでいますよ。
根っからの貧乏性なのかルーツが百姓なのか、その上にヤカンをおいたり、煮物をしたり、煮炊きと暖がとれるなんてすばらしーい、と思っちゃうんですよねー。


薪の切り方、いい事発見したんです。b0070879_21552041.jpg
本当は両方をX字に組んだもので固定してあげればいいのですが、それを作れない私はウッドデッキのすきまと直角に木を置いて、木の両端を足で踏んでおさえます。
そしてデッキの隙間でのこぎりが動くというわけです。
これだと比較的に楽に切れます。

あっ、それから明日久しぶりに友人達と着物が着られそうなんです。ヤッター♪



                          [八丈島-田舎くらし]
[PR]
# by incoco | 2004-12-11 22:01 | 日記

着物の出番は。。。

島にデパートは無い。映画館も無い。美術館や博物館の類も無い。
コンサートや演劇をやる劇場も無い。

つまり、人が集まる、または集まっている所が無い。
だから、およそ、おしゃれをして出かけていくような場所は皆無と言っていいほどなのです。

極端に言えば職場も、夏などジーパン・Tシャツ、ビーサンでも咎められたりはしない所ですから。
おしゃれといったら、結婚式・入学式・卒業式、そんな時しかないのです。

おかしな話ですが、私の島での着物デビューは、ガソリンをスタンドに入れに行った事でした。しかも、ドライブスルーで。(笑

とにかく、着物は目立ちすぎてしまうわけです。

こうなったら普段の生活着として定着させてしまって、回りの人の目をならさせてしまう、というのがいいんですが.....
そこまで着物がなじんでいない私にとって、それはとてもむつかい事のように思われます。

せっかく集めたアンティーク着物が...

何かイベントを作らなくっちゃ。
着物仲間をふやさなくっちゃ。





[着物-着たい人のぼやき]
[PR]
# by incoco | 2004-12-09 00:00 | 着物であそぶ
b0070879_19284352.jpg今日は着物の話ではありませーん。

息子がシルバーアクセサリーの作家(こういう言い方でいいのかな?)をやっています。それで、ちょっとPRです。




Handmadeなので基本的に1点もの。
オーダーも頼めるということで、結婚指輪をオーダーにくるカップルや、髪飾りを頼みに来る人もいるそうです。

お店は吉祥寺のDESERT ROSEです。よかったらサイトをみてやってください。


b0070879_19553318.jpgb0070879_19305667.jpg
Handmadeのシルバーって、金属という感じがしないですね。
金属なのになぜか温かみを感じるので、アンティーク着物にも合わせてみたくなります。帯止めや、かんざしをシルバーで作ったらどうでしょうねー?


b0070879_19442287.jpg

息子に「かんざし作ってよー」と頼んでいるのですが、本業が忙しくまだできていません。
透かしの平打ちかんざしなどいいかな。



b0070879_1947644.jpg




八丈島だからハイビスカス?
あはっ、ちょっとミスマッチ?


[着物-アクセサリ]
[PR]
# by incoco | 2004-12-07 20:12 | きれいなもの。。

太鼓でもきいて。。。

地蔵講b0070879_2118100.jpg

近くの六地蔵さまの年1回の祀りごと。



太鼓で人寄せと奉納太鼓を友人が頼まれたとのことで、母とでかけてみた。
こんなにちいさなお祀りは、なぜかほっとする。



一昨日は全国的に低気圧(台風?)の影響ですごい風でしたね。b0070879_2114354.jpg
日本には来ないって聞いていたのに・・・ブツブツ。
昨日も海に近いこの部落では、潮がとんできていました。

「叩かない?」と言われて「五十肩で...」と私。
ウソじゃない、最近うずくんです。
大昔には太鼓も叩いたけど、ブランクすごすぎて人前じゃビビルよー。
でも肩が本当に治るかも。
友人は太鼓叩いて腰痛がなおったと言います。



b0070879_2121033.jpg
帰りにお餅をいただいた。
今夜は雑煮にしようかな.....




こんな時はアンティーク着物をきままに着ていったらぴったりなのにねー。
・・・最近ゆとりをなくしてるゾ              [八丈-田舎の島ぐらし]
[PR]
# by incoco | 2004-12-06 21:07 | 日記

惹かれるもの。。。

アンティークの染帯

b0070879_12482143.jpg好みって自分でも驚くほど変わるものですね。
それって一貫したこだわりがないせいでしょうか。
とにかく昔は民芸調のもの、たとえば、絣や紬ものが好きだったり、陶磁器で言えば備前や信楽などが好きだったのではと思うのですが、この1年、大正ロマンなどと言う言葉に憧れをもったりして、着物の好みがガラリと変わってしまいました。

タラタラとした帯が好き。だからアンティークもんの染帯が大好きです。

b0070879_1250862.jpgよく、こんな主張の強い帯どうやって着こなすんだろう、と思う帯があります。

帯の巾など無視したかのようなのびのびとした柄。
昔人はなぜそんなに斬新なデザインを作り出せたのでしょうね?
おしゃれで、自由奔放、そして遊び心いっぱい!
アンティーク帯はなぜか私に絵画を思わせる存在です。


昼夜帯

b0070879_12514557.jpg昼夜帯という名前、粋ですね。
意味を知らなかった私は、出品者さんにたずねました。
親切に教えていただきました。

昼夜・・・世の中の物すべてが陰と陽の面を持っている・・・
昔人は、よくわかっていたのでしょうね。
響きも美しいです。

ひところ私の検索キーワードはすべてソレ。
これもいい、これもすごいと見るもの全て欲しくなります。
思うように手に入れる事はとても不可能なので、私にとってオークションはアンティーク着物美術館です。



・・・自制できない自分がこわくてオークションをのぞけない私。[着物-アンティーク]
[PR]
# by incoco | 2004-12-05 12:59 | アンティーク着物

着物の本はいつも新鮮

特に着姿がのっている本って、何度みてもあきないと思いませんか?
私はビギナーですから特にそうなのかもしれないのですが。

ある時は帯の結び方ばかりを見、ある時は着物と帯の合わせ方に目が行き、またある時は半襟と着物の合わせ方に、そしてまたある時は足袋と履物、そして帯締めだけが目に入る時も...
こんな風に、同じ本をいつも新鮮に眺めてしまいます。
これはビギナーのせいなのか、それとも着物の奥深さのせいなのでしょうか。
みなさんもそうですか?

今日はこの本をながめました。1年前に購入したものですが、若い子の着物っていいですねb0070879_121258.jpgー。それでちょっとアンティークっぽかったり、個性的だったりすると最高!

着物と真反対な色目の半襟を太めに出していても、それは着物の中の花の一色をとっているからいいんですね。これはやはりプロの仕事ですね。




でも、昨日着物コーディネートでアドバイスいただいた、ぼたんさんの目の付けどころもすごb0070879_125197.jpgかったですよー。(参考に写真をupします。詳細はコメントへ)もちろん私のコレクションの中からという制限があるのですから、プロのコーディネイターさんとはハンデをつけてごらんください。



おいおい、いいかげんに自分のサイトをそろそろ更新しないと、削除されちゃうんじゃない?
はい、そのとおり.....



                                   [着物-コーディネート]
[PR]
# by incoco | 2004-11-30 01:08 |

アンティークな着物

ヤフオクで落札した大正ロマンチックな着物。b0070879_224328.jpg

着用不可ということで、安かったのですが、 袖口に虫食いがありました(--

着るには、布地をつけかえてあげないとね!!

昔着物だから、少々の小穴や擂れは仕方ありません。
それよりも柄がきれいだと、資料としてでもいいかなって、思います。
初めてお取引いただいた出品者さんでした。

こんな風にたくさんの出品者さんと知り合っていくのも、オークションの楽しみですね。

で、で、どんな帯と合わせようかと遊んでいたんですが、着物の楽しみとは言え、組合せではいつも悩んでしまいます。



柄はアップするとこんな感じですが、どんな色目の帯をもってきましょうか?b0070879_2243551.jpg
みなさんのご意見をお願いします。
もしお時間があったら、私のサイトの中の帯コレクションから選んでくれたり??


.......ってそんな奇特な方いらっしゃらないですよねー。



                                    [着物-ビギナー]
[PR]
# by incoco | 2004-11-29 02:32 | アンティーク着物
最近気候もよく、着物を着るにはベストと思われるのに...
着物で遊んでくれる人がいない。

以前は、長女が「母さん、今日着物を着よう!」と乗ってきてくれたのに、
彼女は今、遠く東北の地。

ビギナーの私は、まだまだ一人で着る事に気後れがするんですねー。
らくーに来たい、普段着として着て、しかも自由でいられるのが目標なのに、そこまで着慣れていないため、ウーーー。
こんな日はせめて、着物をながめるだけでもしていましょうか。

などと思いつつ、最近すっかりご無沙汰のネコの額的、畑のたがやしをしたら腰が痛くて。b0070879_1294526.jpg
ほうれん草や春野菜の準備、って.....おそすぎでしょうか。ざんねーん!!







写真は昨年撮った、シュンギクの花             [着物-ビギナー]


昨日、まちがえてファッションカテゴリに2回もトラックバックしてしまいました。
みなさん、ごめんなさい。


                                  [ブログ-ビギナー]
[PR]
# by incoco | 2004-11-27 18:57 | 日記

漢字で探す伝統色

伝統色は趣きふかし

一斤染(いっこんぞめ) 聴し色(ゆるしいろ) 海松色(みるいろ) 半色(はしたいろ) 真赭(まそお) 瓶覗(かめのぞき) 潤朱(うるみしゅ) 薄鈍色(うすにびいろ)...日本の伝統色の読み方って、難しいですね。

でも、音の響きはやたら美しい。(汚い表現ですが感情的にピッタリくるんです)
言葉にした時に心地よさを感じるのは日本人だからでしょうか?




地域柄、骨董市などに出かけられない私は、ほとんどの着物をオークションで手に入れます。
そこで困るのが写真の着物の色です。
撮影時の環境やディスプレイなどの違いから、実物とはかなり違った色に映っている事がよくありますよねー。(たぶん経験された方は多いと思いますが)

手がかりは色名の記述なのですが、伝統色を漢字で書かれているとお手上げ状態です。




漢字を読めれば、いろんな方がサイトで伝統色の見本を紹介しておられるのでそちらを参考にさせてもらえば良いのです。

ところが私の場合、特に最初の頃は、「漢字がよめない!したがって色目がわからない!」(ただただ私の勉強不足のせいですが)
まぁ、そんな私のような方(?)や若い方のために「漢字で探す伝統色」のデータベースを作ってみました。(と言うほどたいそうなものでは...冷や汗)
ついでに書籍から抜粋させていただいた名前の由来も。

由来を調べていて思ったのですが、日本人って粋!ですねー。
趣き深いというか、思わず大向こうから「ニッポンヤッツ!」と声を掛けたいくらいです。



                                    [着物-色名に思う]
[PR]
# by incoco | 2004-11-26 23:59 |

黒八丈できあがりました

b0070879_23305827.jpgHPより先に更新です。
だってブログの方が断然、楽なんです...(汗)

黄八丈の織り子をしている友人が、自分のために黒八丈を織るというので、
便乗してあこがれの黒八丈を織っていただいたのです。それが夏前に出来上がっていたのですが、島の夏は暑くて暑くて...今年はどこもそうでしたでしょうけど。
やっと、取り出す気になったというわけです。

友人と私が選んだ織りは、平織りです。
綾織りは織りの難しさが、平織りはあらが見えやすいので、
織り手の技術とこまやかさが必要だと素人の私にも思えました。
織りの話や過程などはHPをごらんいただければ、うれしいです。

すっぺりと紙のように織るのが今の黄八丈とか。
紬らしからぬ、つややかでなめらか手触りの黒八丈にできあがりました。
b0070879_1252777.jpg


帯しだいでいろんな表情を見せてくれるのが着物のもう一つの魅力。
次は着付けをした写真をのせますね。顔なしで (笑)



                                        [着物-黒八丈]
[PR]
# by incoco | 2004-11-25 23:34 | 日記

ブログはじめました

アンティーク着物の美しさに魅せられて1年がたちます。
娘の成人式用の着物を探したのがきっかけでした。

もともと古い物が好きだった事もありますが、
柄の斬新さ、大胆さにショックを受け、すっかりはまってしまいました。


 

コレクション第1号落札てんまつ記の紹介

一番最初に手に入れたアンティーク着物です。
当然、「着用不可」になっていましたが、黒と黄色の大胆な矢羽根模様は絶対に珍しい!欲しい!
他の入札者も同じ気持でしょう。ずい分セリました。

それにしても、「着用不可」は気になる4文字です。
オークションも初経験でしたし、どの程度の「不可」なのかわからず、とても悩みました。

でも、柄の珍しさ、かわいさに、もし着用が無理だったら部屋に飾ろう!
と覚悟を決めた時、他の方達と競り合う力が湧いてきました。

新品を購入するには、はるかに安くても、私にはちょっと予算を上回る値段でしたが、見事落札できました。(¥13,000)b0070879_17174362.jpg
落札してから、出品者さんに「娘の成人式にと思うのですがどうでしょう?」とたずねると、「今のものには無い斬新な柄ですから、きっと人目をひくと思いますよ」と。
落札して良かったと思う一瞬です。

その後も、この出品者さんには、相談にのっていただいたり、メールをいただいたり、今ではとても信頼をおいています。




こんな感じでコレクションの紹介や着物を着て遊んだ事などをホームページにのせています。
もっと、気軽に自由に着物が着れたらいいですね。
特に若い人には、もっともっと着物を楽しんでもらいたいなあと思います。

私の地域では、なんでもない日に着物を着ていると、
「今日は何があったの?」と大変珍しがられます。

田舎ですからねー。

みなさんの所ではどうですか?



                                    [着物-アンティーク]
[PR]
# by incoco | 2004-11-23 17:20 | 日記